もっと気軽にお茶を楽しみたい

簡単に設置できたらいいのに

別荘に置きたい、庭に使っていないスペースがある…

コンテナ茶室なら6m×2.5mのスペースに設置できます。

海外からの荷物の運搬に使われている20フィートのコンテナ。最近では組み合わせて住宅やカフェなどに使われたりしています。魅力はその安さ、中古品なら結構安く手に入ります。

 

そこでこのコンテナを改造して茶室を造りました。

6m×2.5mの空間に2帖台目向切の小間と水屋、収納などを完備しています。内部は自由設計ですから希望するお茶室が造れます。

 

*以下は模型写真です。

小間への入り口は本格的な躙口、雨漏りを防ぐために庇を設けています。小間はコンテナの扉を開けるとメンテナンスも簡単です。流派やご要望に対応してご提案いたします。

小間は二帖台目向切ですが、自由に設計できます。炉は浅めの炉となります。

茶道口は太鼓襖で切取手、壁は左官仕上げです。

水屋は表千家、裏千家両方に対応できます。

水屋の隣は物入れに。様々なお道具やなども収納できます。

 

水屋に給排水工事が必要です。設置にはコンクリートのベース工事などが必要です。

電気工事をしてコンセントや照明器具などの設置も可能です。

 

コンテナの扉を開けると躙口があるタイプです。

詳しくはお問い合わせください。

blogにて最新の活動内容を

アップしています。

クウネルトコロ ha スムトコロ

割り付け (火, 19 10月 2021)


>> 続きを読む

名残りの茶会 (Mon, 18 Oct 2021)


>> 続きを読む

炭を敷く… (Sat, 16 Oct 2021)


>> 続きを読む

竹の樋 (Fri, 15 Oct 2021)


>> 続きを読む

温泉ホテル (Thu, 14 Oct 2021)


>> 続きを読む

手描きパーステキストおかげさまで完売いたしました。

AmazonのKindle版電子書籍古民家の雑学53を発売しました。古民家のことが好きなる入門書です。

AmazonのKindle版電子書籍を発売。最近の家を見ていると軒の出の無い木造住宅がたくさん建てられています。確かにスタイリッシュでおしゃれでカッコいい。でも古民家と呼ばれる歴史的な古い住宅から見れば今の家は長持ちしない…古民家から見た長持ちする家づくりについて説明しています。341円にて販売中