住まいに関するQ&A

 

隣家の火災でわが家が燃えちゃったら、どうしますか?

普通は他人に怪我や損害を与えた場合には当然責任を取らなくてはいけません。これは民法という法律で決められています。

 

民法 第709条(不法行為による損害賠償)

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

 

当然火事の場合も同じかというと、実は違います。

隣家の火災(失火)でわが家が類焼被害を受けても、隣家に重大な過失がない限りは賠償責任は発生しません。

 

民法の特別法である通称「失火責任法」にこう書かれています。

 

失火ノ責任ニ関スル法律(失火責任法)

民法第七百九条ノ規定ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ在ラス

 

今風に書くと、火元が不注意で火災を発生させて、隣家に類焼の被害を及ぼしても類焼先に賠償しなくてよいのです。

 

 

この法律が制定された明治32年は木造の建物が多く、いったん火災が起こればどこまでも燃え広がる可能性がありました。誰にでも起こりうるちょっとした不注意による火災。にもかかわらず、火元は自らの資産を失い、さらに類焼先にまで賠償をしなければならないことに。しかしそれは、あまりにも厳しすぎるとの考えから、この法律が定められたようです。ですから、自分の家と財産を守るには、火災保険に入っておく事が大切です。そして損害を受けた場合には自分が入っている火災保険を使って損害をカバーします。

 

資産価値の落ちない街に住みたい。

住まいは一生のうちもっとも高い買い物。そこに永住するつもりで皆さんも購入されると思いますが、実際には転勤など何らかの事情によって売りに出さない場合も出てきます。どうせなら、高く売りたい。どうすれば高く売れるか…

 

それはずばり、「立地と街」

 

居住性が高く、多くの人々が暮らしやすそうと感じる街は、これから先も人が集まって街が活性化し、将来の資産価値につながります

 

ということで、人が集まる街を見極めるポイントは6つ、

 

・仕事がある、大都市などへのアクセスが容易で様々な仕事の受け皿が有る。

・内科や外科、小児科など様々な病院があって適切な医療を受ける事ができる。

・計画的に整備された住宅地としての環境が整っている。

・シネコンや大型店、図書館やスポーツ施設など楽しめる、遊べる機能がある。

・小中学校を始め、大学など学べる環境がある。

・行列のできる食べ物屋や、産物など食が豊かで食文化などがある。

 

街の価値を知る基準として、リセールバリューというものがあります。

 

その計算方法とは、

リセールバリュー=築10年の物件流通価格÷新築時分譲価格×100

 

つまり新築分譲当時の価格を100としたとき、築10年の中古物件の価格がどのくらい下落したか、そのパーセンテージを求めるというもの。この数値を見ることで、物件選びの際、資産価値が下がりにくい街を知る参考になります。

 

ちなみに、東京カンテイ調べによると、東京都心で資産価値がもっとも落ちにくいのは恵比寿で、リセールバリューは140.5%。 100%を上回るということは人気が高く資産価値が高いということです。

いままで設計させて頂いた施工事例です

家づくりへの考え方や、古材、煉瓦などの資材などについて書かせて頂いています

AmazonのKindle版電子書籍を発売しました。古民家の雑学53 250円で販売しています。古民家の事が好きなる入門書です。

LINK

1月から3月までのワークショップ開催決定 ()
>> 続きを読む

針状結晶 ()
>> 続きを読む

エコプロ2016へ出展します。 ()
>> 続きを読む

ロングスティフェア2016に出展 ()
>> 続きを読む