不審花開今日春

茶室のある家現在工事中 

居宅部分、広間、寄付き、小間などが完成しました。現在11月の炉開きに間に合うようにと露地の工事に入っております。

最新の施工事例は左のリストをクリックください。

不審花開今日春(いぶかし はなひらく こんにちのはる)

 

不審とは、いぶかしく思う心という意味で、花が一輪開くのを見て、生命の不思議を知り、大自然への畏敬の念を持つ心から今という時を大切に思う心、その心を、尊いと思えという禅の言葉から取られたと言われています。

 

お茶のお子稽古を始めて5年…お点前はさっぱりですがおかげさまで茶室のお仕事をするようになりました。お茶についてあれこれとお話しするのは若輩すぎておこがましいのですが、お茶をいただくそのひと時の大切な空間をご提案しています。

 

令和2年12月完成「晃々庵」
令和2年12月完成「晃々庵」

一期一会

お茶室にも色々なものがございます。茶室としてひとつの建物として新築することもあれば、お部屋のひとつをお茶室として構えたり、改装してお茶室にする場合もございます。

 

また使う材料も京都や吉野から取り寄せる場合もあれば、愛媛の地元の材料を使わせていただくこともございます。私が習っているのは表ですが、表とお裏さんでは少しづつ造りも変わってまいります。

 

ご予算や造られる目的に合わせてご提案させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

お茶室に関しては設計の意図や仕上げなどについての品質を守るため設計並びに施工までを川上が責任を持って一貫してさせていただいております。ご了承ください。

茶室施工事例

NEW

晃々庵(2020年12月完成)

 

松山市南斎院、島﨑宗昌氏の茶事を気軽に催せる茶道教室裏千家「晃々庵」が完成しました。上座床、四畳半切、本勝手の四畳半と、炉と大炉の両方を切った八帖広間に4尺5寸の幅のある水屋と寄付もあります。元請は三井ホームさん 設計並びに設備以外の施工を担当しました。

貝の口、太鼓襖を使った耐震改修工事(2020年3月完成)

 

住宅の耐震改修工事でどうしても壁が必要だったので開口部に壁を追加し、茶道口を作り替えました。貝の口のアーチ、太鼓襖には大洲の奉書紙を貼っています。

blogにて最新の活動内容を

アップしています。

クウネルトコロ ha スムトコロ

割り付け (火, 19 10月 2021)


>> 続きを読む

名残りの茶会 (Mon, 18 Oct 2021)


>> 続きを読む

炭を敷く… (Sat, 16 Oct 2021)


>> 続きを読む

竹の樋 (Fri, 15 Oct 2021)


>> 続きを読む

温泉ホテル (Thu, 14 Oct 2021)


>> 続きを読む

手描きパーステキストおかげさまで完売いたしました。

AmazonのKindle版電子書籍古民家の雑学53を発売しました。古民家のことが好きなる入門書です。

AmazonのKindle版電子書籍を発売。最近の家を見ていると軒の出の無い木造住宅がたくさん建てられています。確かにスタイリッシュでおしゃれでカッコいい。でも古民家と呼ばれる歴史的な古い住宅から見れば今の家は長持ちしない…古民家から見た長持ちする家づくりについて説明しています。341円にて販売中