平成29年2月28日 屋根ルーフィングが終了

屋根のルーフィングが終了しました。建前の次の日に屋根瓦の下に敷くルーフンイングを屋根屋さんが敷いてくれました。チャンピオンルーフィングというものを使っています。これは通常のルーフィングと異なりゴム状の太めの糸のようなものが表面に縦に貼り付けられています。これにより瓦を引っ掛けるために取り付ける瓦桟とルーフィングが張り付かないようにするのと、水が下に向いて綺麗に流れるようになっています。

 

屋根には棟換気を二箇所設けています。

 

また瓦桟にも水抜き用の切り欠きを設けています。屋根瓦は、耐久性の高いいぶし瓦を噴く予定です。

 

 

また、野地板の上、破風の手前に今回は広小舞を取り付けました。古民家では広小舞は珍しくありませんが、最近の在来工法の家ではあまり見かけないと思います。

 

広小舞を取り付けることでルーフィングを破風板の前まで出せるので雨仕舞いがよくなります。

また金物類も取り付けが進んでいます。これはホールダウン金物という金物。

建物四隅の通し柱に取り付けて、基礎と柱が抜けないように固定するものです。

 

筋違いも構造計算に基づいて取り付けていきます。これらの構造金物や筋違いは私が計算し、大工さんに相談して最終的に決めています。今回は1階部分の重心と偏心がほぼ同じ位置に納めることができており、我ながら納得の配置ができています。

いままで設計させて頂いた施工事例です

家づくりへの考え方や、古材、煉瓦などの資材などについて書かせて頂いています

法人のお客様へ

AmazonのKindle版電子書籍を発売しました。古民家の雑学53 250円で販売しています。古民家の事が好きなる入門書です。

AmazonのKindle版電子書籍を発売。住育とは、住まい手が自分の住まいに必要なモノ、不要なものを選択出来る知識を身につける事。Wikipediaでは、「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指すと紹介されています。500円にて販売中

NEW 2018年11月13日発売

AmazonのKindle版電子書籍を発売。最近の家を見ていると軒の出の無い木造住宅がたくさん建てられています。確かにスタイリッシュでおしゃれでカッコいい。でも古民家と呼ばれる歴史的な古い住宅から見れば今の家は長持ちしない…古民家から見た長持ちする家づくりについて説明しています。341円にて販売中

LINK

川上幸生's BLOG

本日発売 (火, 20 11月 2018)

>> 続きを読む

40年の重み (Mon, 19 Nov 2018)

>> 続きを読む

お茶のお稽古 (Sun, 18 Nov 2018)

>> 続きを読む

エコプロ2018 (Fri, 16 Nov 2018)

>> 続きを読む

大工育成事業 (Thu, 15 Nov 2018)

>> 続きを読む