平成29年4月25日 加工場にて

建築中、現場だけでなく大工さんの加工場(作業場)でも打ち合わせをすることがあります。

構造木材の刻みが進んでいる時、造作材の加工が進んでいる時などです。

 

加工場は作業場や土場などとも言われ、大工さんが部材を加工するための場所で、現場には持ち込めない加工のための大型の機械があります。現場でも大工さんは加工をしますが、たくさんの板を削ったり溝彫りなどの加工をしています。

 

そして月曜日も加工場で打ち合わせしてきました。

 

加工の打ち合わせをしたのはこちら、ケヤキの一枚板です。

5年ほど前に着物屋さんを廃業して取り壊すとのご連絡をいただき、譲っていただいたもので、いつかはカウンターに利用したいと大工さんの加工場に置かせていただいていました。

 

長さは2.7m、幅は60cm、厚みは5,5cmの一枚板です。

 

今回これを使わせていただきます。

毎日更新中!

川上幸生's BLOG

インテリアマーケット開催 (土, 19 10月 2019)


>> 続きを読む

子どもの才能を伸ばす (Fri, 18 Oct 2019)


>> 続きを読む

江戸時代の子育て (Thu, 17 Oct 2019)


>> 続きを読む

家族のあり方 (Wed, 16 Oct 2019)


>> 続きを読む

スキンシップ (Tue, 15 Oct 2019)


>> 続きを読む

いままで設計させて頂いた施工事例です

家づくりへの考え方や、古材、煉瓦などの資材などについて書かせて頂いています

法人のお客様へ

AmazonのKindle版電子書籍を発売しました。古民家の雑学53 250円で販売しています。古民家の事が好きなる入門書です。

AmazonのKindle版電子書籍を発売。最近の家を見ていると軒の出の無い木造住宅がたくさん建てられています。確かにスタイリッシュでおしゃれでカッコいい。でも古民家と呼ばれる歴史的な古い住宅から見れば今の家は長持ちしない…古民家から見た長持ちする家づくりについて説明しています。341円にて販売中