想い出を引き継ぐ家

松山から車で小1時間今治市菊間町の田園風景が色濃く残る場所に建ったのがこのW様邸です。去年の夏にお話を頂いてちょうど1年越しに完成しました。

おばあちゃんが一人で暮す家が道路の立ち退きで解体しなければいけなくなり、一時は息子さんが住まれる松山への引越しも考えられましたが、今は亡きおじいちゃんとの思い出の場所を離れたくなく近所に新しく土地を購入され新築をすることになりました。


打ち合わせは息子さんが進められ、弊社の得意とするプロバンスの住宅デザインに決まりましたが、80歳を越えるおばあちゃんが新しい家に馴染めれるかが最大の問題点でした。

 

そこでご提案したのが古い家に使われていた古材を新しい家にも使い、「思い出を引き継ぐ家」にすること・・・新しい家なのにまるで昔から住んでいたかのような安らぎと癒しと落ち着きが感じられる家に仕上げる事でした。


無垢をふんだんに使い、冷え込む冬を暖かく過ごしてほしいとの事で蒔きストーブは息子さんからのプレゼントの意味をこめ取り付けました。


木漏れ日が古材を照らし出し、柔らかで優しい住宅に仕上がりました。

 

胡桃の木の無垢の重厚な玄関ドア。おばあちゃんの生活に支障が無いように配慮してスロープも設置しています

屋根勾配を利用して2階に息子さんが帰られたときに利用できる部屋や大容量の収納スペースを確保。なかなか捨てれない色々な荷物も全て綺麗に納まりました。


いままで設計させて頂いた施工事例です

家づくりへの考え方や、古材、煉瓦などの資材などについて書かせて頂いています

法人のお客様へ

AmazonのKindle版電子書籍を発売しました。古民家の雑学53 250円で販売しています。古民家の事が好きなる入門書です。

AmazonのKindle版電子書籍を発売。住育とは、住まい手が自分の住まいに必要なモノ、不要なものを選択出来る知識を身につける事。Wikipediaでは、「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指すと紹介されています。500円にて販売中

NEW 2018年11月13日発売

AmazonのKindle版電子書籍を発売。最近の家を見ていると軒の出の無い木造住宅がたくさん建てられています。確かにスタイリッシュでおしゃれでカッコいい。でも古民家と呼ばれる歴史的な古い住宅から見れば今の家は長持ちしない…古民家から見た長持ちする家づくりについて説明しています。341円にて販売中

LINK

川上幸生's BLOG

本日発売 (火, 20 11月 2018)

>> 続きを読む

40年の重み (Mon, 19 Nov 2018)

>> 続きを読む

お茶のお稽古 (Sun, 18 Nov 2018)

>> 続きを読む

エコプロ2018 (Fri, 16 Nov 2018)

>> 続きを読む

大工育成事業 (Thu, 15 Nov 2018)

>> 続きを読む