材木屋の建てる家

材木屋さんならではのアプローチで、1000万ちょうどでどんな家になるだろうか?そんなコンセプトで始めたのがこの家です。川内の別荘地に建てたこの家はコストと仕上げの両方に妥協することなく挑戦しました。

外観は和風 切妻屋根が大屋根で下りてくる様は綺麗です。 写真では判りにくいのですが、屋根の勾配を実は右と左で変えています。玄関の前に立った時に一番かっこよく見せるためです。

内部は無垢の香り一杯の空間です。床も壁も全て杉の県産材を使用しています。コストを抑えるためのアプローチとして、使う部材を少なくする。工事の種類を少なくすることで質を落とさずに価格を抑えました。

 

たとえば構造材にしても、同じ寸法で使える部分を多くしてロスを出さないようにして、床のフローリング(杉の厚み30mm)の板を屋根の野地板に使用したり、

 

壁は全て杉の羽目板で、その羽目板で建具も作っています。

間取りはこんな感じ

屋根勾配を利用して 2階にも子供部屋と寝室とそして渡り廊下を作っています。そこから見る景色こそが最高です。

キッチンが1段低くなっているのは、立ち仕事をしているときにベンチに座った人と目の高さが同じようになるように・・・

お風呂は別荘地ならではの大きな窓でこの解放感です

外から見るとこんな感じ

囲炉裏も作りました

開放的な間取りで、自然素材の住宅です

33坪で1000万ちょうど・・・

 

いいと思いませんか?

いままで設計させて頂いた施工事例です

家づくりへの考え方や、古材、煉瓦などの資材などについて書かせて頂いています

法人のお客様へ

AmazonのKindle版電子書籍を発売しました。古民家の雑学53 250円で販売しています。古民家の事が好きなる入門書です。

AmazonのKindle版電子書籍を発売。住育とは、住まい手が自分の住まいに必要なモノ、不要なものを選択出来る知識を身につける事。Wikipediaでは、「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指すと紹介されています。500円にて販売中

NEW 2018年11月13日発売

AmazonのKindle版電子書籍を発売。最近の家を見ていると軒の出の無い木造住宅がたくさん建てられています。確かにスタイリッシュでおしゃれでカッコいい。でも古民家と呼ばれる歴史的な古い住宅から見れば今の家は長持ちしない…古民家から見た長持ちする家づくりについて説明しています。341円にて販売中

LINK

川上幸生's BLOG

40年の重み (月, 19 11月 2018)

>> 続きを読む

お茶のお稽古 (Sun, 18 Nov 2018)

>> 続きを読む

エコプロ2018 (Fri, 16 Nov 2018)

>> 続きを読む

大工育成事業 (Thu, 15 Nov 2018)

>> 続きを読む

何故、軒の無い家を造るの? (Wed, 14 Nov 2018)

>> 続きを読む