古材のある家

母の思い出の和室を残してリフォームして欲しい…そんなご要望からスタートしたのが古材のある家T様邸です。

 

二間続きの和室の雰囲気が気に入っているので残して、後は快適な明るい家にしたいとのご要望を元に初めはリノベーションとしてプランを考えましたが、築60年の家は床下の高さがない、耐震性、省エネ性能も無く、もう一つの快適な住まいというご要望を叶えるのが難しく、和室二部屋は残してそれに新築住宅を被せるようんいする案、敷地内で移築して新築を接続する案などをご説明しながら自分がやってきた古い建物を解体し、そこで使われていた古材を活用した新築住宅のお話をすると、「そんなことができるのですか」、「それならそれでお願いしますと」古材を使った新築住宅を建てることになりました。

外観はグレイッシュなサイディングに玄関周りは明るくオフホワイトに、奥に見えるシャッターはご主人の趣味のオートバイの車庫

 

56坪の比較的大きなお家なのでコストを抑えるために外観などはサイディングを使い、和室以外は大壁にしてますが、ご夫婦共学校の先生をされており荷物が多いということで中二階の物置や屋根裏の収納なども含めかなりの収納スペースを取っています。

階段の踊り場から使う中二階の収納、屋根裏収納

 

T様は三井ホームへ相談に来られ、古民家再生なら私だろうと白羽の矢が建ちました。三井ホームさんもリフォームなら在来構法や伝統構法でもされてますが、ツーバィフォー工法の三井ホームさんで在来構法で新築できるんだろうかツーバイフォーでされるならお断りしないとと思ってましたが、担当の方も先生の思うようにしてくださいと言っていただき在来構法で進めさせていただきました。過去にツーバィフォー住宅で古材を使ったこともありましたが(古材部分の提案だけでしたが)どうしてもツーバイフォーの場合古材は構造とは切り離した化粧材としての扱いになってしまします。それでは私は古材を使う意味はあまり無いと思っています。古材は新しい材に比べ加工に手間がかかります。構造材兼化粧材として使うことでコストアップにもならず、新材より強度のました古材が活かせれると思っています。

 

軒先の丸太桁などの構造材や、和室の雰囲気を再現するために床の間周り、欄間や書院の欄間や建具などを再活用させていただきT様からも前のままのイメージで綺麗に生まれ変わったと喜んでいただきました。

解体前に生きどりする木材には全て印を付けました。

 

欄間は反対側は洋室ですが思う程違和感もなくT様も喜んでいただけました。玄関の落とし掛けに使われていた黒竹も壁のアクセントで再活用。照明器具も面白いものは再活用させていただきました。

 三井ホームさんで施工されましたが、大工さんも苦労しながらも何処か楽しそうでした。

 

キッチンとお風呂はタカラさん。キッチン上の板に見えるのは壁紙です。最近の壁紙を本当によく出来ています。

現役でお忙しい奥様の家事を楽にするためにガスの乾燥機も設置。

16帖の寝室は2階、奥に見える色の違う壁は壁掛けテレビを設置します。白い箱はDVDなどを入れれるようにしています。壁の後ろには婚礼ダンスなどを置いてオープンだけど見えない収納にしています。

寝室に直結したウォークイン収納にはお化粧などもできるように砥部焼のボウルと大きめのカウンターを設置。

こちらも寝室から入れるご主人の趣味の部屋兼大容量の収納棚です。

息子さんが帰ってこられた時の子供部屋、ここにも屋根裏収納を設置

玄関収納の反対側にも階段下収納、

階段下に設置したトイレにも同じく階段下収納。

インテリアは全体に白を基調として明るい雰囲気に、フローリングなども白やグレイッシュなものを採用しています。

DATE 木造2階建住宅 延床面積56坪 2021年11月24日竣工

手描きパーステキストおかげさまで完売いたしました。

AmazonのKindle版電子書籍古民家の雑学53を発売しました。古民家のことが好きなる入門書です。

AmazonのKindle版電子書籍を発売。最近の家を見ていると軒の出の無い木造住宅がたくさん建てられています。確かにスタイリッシュでおしゃれでカッコいい。でも古民家と呼ばれる歴史的な古い住宅から見れば今の家は長持ちしない…古民家から見た長持ちする家づくりについて説明しています。341円にて販売中