平成29年6月6日 栃とケヤキのテーブル

家の方は工事も終わり、完了検査も終わりました。

 

そろそろ引越しの体制に移ります。カーテンや家具などを新調するならこれからが本当に忙しくなるんです。

 

カーテンは今回は新調、寸法が合わないので仕方ありません。

 

家具も食器棚やベッドなどの寝具は買い足しますし、ダイニングのテーブルと椅子は新調します。

 

ダイニングテーブルにはこの栃の木を使います。

 

栃の木(とちの木)は、落葉性の高木で大木に成長し、樹高25m、直径1mを超えるものも少なくない。木質は芯が黄金がかった黄色で、周辺は白色調。綺麗な杢目がでることが多く変化に富んだ木目となる。ただし乾燥が進むと割れやすいのが欠点。古来より臼や木鉢の材料に使われており縄文時代の遺跡からもよく栃の実から出土されており日本人にはゆかりの深い木です。

 

今回奈良県にある吉野檜などを扱っている株式会社寺本木材の寺本社長のご好意で新築祝いとして送っていただきました。

 

寺本社長ありがとうございます。

 

事の起こりはFacebookで家を建てることを書いたら、お電話をいただき、土台の檜送ってあげるよ!と嬉しい御言葉。残念ながら土台は加工を始めていたので、代わりにリビングのテーブルに使える板をお願いしました。

 

 

少し前に送っていただいていたんですが、大工さんの作業場で寝かしており、そろそろ加工をというこで作業場に現物を見に行き、大工さんに加工をお願いしてきました。

木目の面白さが欲しかったので希望にぴったりでした。

 

引越しを今月中にはする予定なので、その時に運び込む予定です。楽しみです。

 

 

木材の色んなことや、いろんな木材をお探しなら是非奈良の寺本さんをご紹介します。

 

株式会社 寺本木材 HP http://teramoto-mokuzai.jp/index.html

【橿原事務所】奈良県橿原市法花寺町59番地の1-408

【吉野工場】 奈良県吉野郡吉野町大字峰寺568

TEL:0744-23-7188 FAX:0744-23-7511

事業内容 吉野桧(素材・製品)・各種集成材・木材の販売、製材

 

 

そしてこちらのケヤキは、古民家を解体する時に譲っていただいたもの。

 

約4年ぶりぐらいに使うことができます。着物屋さんのショーケースの大にしていたもので2mを超える長さがありましたが、さすがに部屋に入らないので2mに切ってもらい、表面を磨いてもらいました。

 

こちらは土間に置く予定です。

いままで設計させて頂いた施工事例です

家づくりへの考え方や、古材、煉瓦などの資材などについて書かせて頂いています

AmazonのKindle版電子書籍を発売しました。古民家の雑学53 250円で販売しています。古民家の事が好きなる入門書です。

LINK

川上幸生's BLOG

施工事例見学と暑気祓い (金, 04 8月 2017)

>> 続きを読む

インテリアフェアーin内子 (木, 13 7月 2017)

>> 続きを読む

合格発表 (月, 10 7月 2017)

>> 続きを読む

シルバー実技講習会 (土, 08 7月 2017)

>> 続きを読む

125回松山講習 (木, 06 7月 2017)

>> 続きを読む