平成29年4月14日 手書きパース

家を設計する際によくパースを描きます。

 

図面だとお客様には伝わるようで伝わらないことも多いので、そういう時にはパースを見てもらうことでイメージが伝わりやすいからです。

 

手書きを始めたきっかけは、

 

お客様の家でハウスメーカーの3Dのパースを見た時、それまで市販のソフトを使って3Dでパースを描いていましたが、

 

あまりのクオリティーの違いに愕然とし、ハウスメーカーと同じだけのお金をかけることはできないから、真逆の手書きを独学で始めました。

 

今では手書きパースを職業技能訓練校や専門学校で教えることも増えましたが、今振り返っても手書きを始めて良かったと思う。

 

確かにパソコンのパースはリアルで綺麗かもしれないが、手書きには描き手の想いが乗る気がする。

 

そして、それはお客様にも伝わるものだと思う。

 

私が描いた手書きパースが完成したお客様の家に飾られていたりするとやっぱり嬉しいです。

いままで設計させて頂いた施工事例です

家づくりへの考え方や、古材、煉瓦などの資材などについて書かせて頂いています

AmazonのKindle版電子書籍を発売しました。古民家の雑学53 250円で販売しています。古民家の事が好きなる入門書です。

LINK

川上幸生's BLOG

松山にて実技講習会 (水, 28 3月 2018)

>> 続きを読む

歴史的建築物の活用に向けた条例整備ガイドライン (月, 19 3月 2018)

>> 続きを読む

全国8会場スタート (日, 18 3月 2018)

>> 続きを読む

ハレとケ (金, 16 3月 2018)

>> 続きを読む

昔話の郷愁に浸れる古民家の宿10選 (水, 14 3月 2018)

>> 続きを読む