平成29年4月25日 加工場にて

建築中、現場だけでなく大工さんの加工場(作業場)でも打ち合わせをすることがあります。

構造木材の刻みが進んでいる時、造作材の加工が進んでいる時などです。

 

加工場は作業場や土場などとも言われ、大工さんが部材を加工するための場所で、現場には持ち込めない加工のための大型の機械があります。現場でも大工さんは加工をしますが、たくさんの板を削ったり溝彫りなどの加工をしています。

 

そして月曜日も加工場で打ち合わせしてきました。

 

加工の打ち合わせをしたのはこちら、ケヤキの一枚板です。

5年ほど前に着物屋さんを廃業して取り壊すとのご連絡をいただき、譲っていただいたもので、いつかはカウンターに利用したいと大工さんの加工場に置かせていただいていました。

 

長さは2.7m、幅は60cm、厚みは5,5cmの一枚板です。

 

今回これを使わせていただきます。

いままで設計させて頂いた施工事例です

家づくりへの考え方や、古材、煉瓦などの資材などについて書かせて頂いています

AmazonのKindle版電子書籍を発売しました。古民家の雑学53 250円で販売しています。古民家の事が好きなる入門書です。

LINK

川上幸生's BLOG

松山にて実技講習会 (水, 28 3月 2018)

>> 続きを読む

歴史的建築物の活用に向けた条例整備ガイドライン (月, 19 3月 2018)

>> 続きを読む

全国8会場スタート (日, 18 3月 2018)

>> 続きを読む

ハレとケ (金, 16 3月 2018)

>> 続きを読む

昔話の郷愁に浸れる古民家の宿10選 (水, 14 3月 2018)

>> 続きを読む