残せるものは残す…地球環境と未来の子ども達の為に…

日本の住宅の平均寿命は現在約30年。アメリカの104年やイギリスの141年と比べても極端に短命です。日本の木造住宅は長持ちしないのでしょうか…

 

古民家を学び、古民家に活かされた先人達の技を現在のライフスタイルに合わせた家づくり、持続可能な循環型建築を推進し、伝統構法で建てられている住宅を伝統構法のまま再活用する事、伝統構法に使われている部材を再活用して新築住宅に使用する事を「再築」といいます。

 

築50年程度経過した建物を古民家といいます。「古民家」を積極的に「再築」し、より安心して世代を超えて永く住み続けて頂く事を進めています。

 

それは、次世代が住宅ローンに苦しまず豊かな生活を過ごす事が出来るとともに、無駄な廃棄物を出さずに地球温暖化防止にも貢献する新しいライフスタイルになります。

愛媛県を中心に活動しております…

内閣府認可一般財団法人職業技能振興会認定「古民家鑑定士」資格の学習プログラムを策定し、

 

教本著者である川上幸生が在住している地元愛媛県松山市を中心に活動しています。

 

 

 古民家などの存続に関するご相談

 

 

・建物のコンディション調査 古民家の調査、インスペクション

 

・古民家再生に関するご相談、またその施工

 

・古民家再活用、部材再活用による循環型建築に関するご相談、またその施工

 

・古民家の相続に関するご相談

 

・町おこし、町並みの景観保存、Iターン、Uターンに関するご相談

 

・その他古い建物に関するご相談

 

古民家インスペクションとは…

古民家鑑定とは、古民家の現在のコンディションを確認し、固定資産税の評価基準とは別の建物耐久性や今後のメンテナンススケジュールなどをご提案する厚生労働省認可財団法人職業技能振興会が認定する「古民家鑑定士」がおこなう建物検査=インスペクションです。

古民家インスペクションとは、築50年以上の古民家を独自の調査項目により目視調査し、現在のコンディションと修繕が必要な部分を特定し、書面で報告を行うものです。

 

古民家のコンディション

 

現在の古民家のコンディションが複数の観点から評価されます。これにより修繕すべき箇所や、再生・移築を行う際のポイント、解体することになった際も、古民家に使用されていた材のリサイクルが可能か等の把握が行えます。

 

予防保全計画

 

古民家を長く使って頂くために必要なメンテナンスについて記載されます。今後必要になってくるメンテナンスやコストを把握することにより、長く使って頂く上での計画に役立ちます。

 

家歴書

 

住宅履歴書とも呼ばれ、住宅の修繕履歴あるいは定期点検の結果などを記録した履歴簿のことです。修繕情報を記録することにより、将来の修繕計画の立案および工事の実行に有益な情報となる他、資産価値の維持にも繋がります。

 

費用

一物件につき10万円(消費税別途)

 

依頼の流れ

まずはお問い合わせをRequestよりお問い合わせいただくか、直接お電話下さい。

 

ケイズデザイン二級建築士事務所

TEL■089-904-2392 HP■ 080-3163-3741 

         FAX■020 4665 4549‬

お伺いする日程等を調整し、費用のお見積もり(別途交通費の有無など)をおこないます。

 

お話がまとまりましたらお支払い方法の決定をします。

調査をおこないます。

 

調査日当日はお立会いをお願いします。およそ500項目を2時間から3時間程度かけて調査していきます。

 

約2週間後に調査結果に基づき報告書を作成書をお届けいたします。


調査結果に基づいた結果をご説明すると共に家歴書や予防保全計画書の内容、修繕必要箇所についての説明をさせていただきます。

いままで設計させて頂いた施工事例です

家づくりへの考え方や、古材、煉瓦などの資材などについて書かせて頂いています

法人のお客様へ

AmazonのKindle版電子書籍を発売しました。古民家の雑学53 250円で販売しています。古民家の事が好きなる入門書です。

LINK

川上幸生's BLOG

ポリテクでの授業 (土, 22 9月 2018)

>> 続きを読む

外壁塗装の良し悪し (木, 20 9月 2018)

>> 続きを読む

ジャパトラ 紋 (木, 13 9月 2018)

>> 続きを読む

土壁 (金, 07 9月 2018)

>> 続きを読む

3枚建 (月, 03 9月 2018)

>> 続きを読む