新築なのに、引っ越したその日から「まるで昔から住んでいたような」落ち着く空間造りがコンセプトです。

100年住宅への夢・・・

 

リサイクル可能な素材を使うと共に、耐久性の有る自然素材を使った100年持つ住宅が私が提案する家創りです。それは自然素材を重視した人に優しい、味わい深い快適な住空間になります。

 


高耐久の本物の煉瓦や木、石、タイル等いつまでも変わらない味わいのある素材は手造り感覚を大切にし、100年経っても色あせない丈夫で長持ちな家づくりに必要不可欠な産物であると思います。

 

そうした素材を中心にプランニングされた住まいは表面的な美しさだけでなく人の求める内面的・本質的な温もりと耐久性を兼ね備えています。

 

平成11年より「住宅の品質確保の促進等に関する法律」略して「品確法」が施行されました。

 

これは粗悪な欠陥住宅やホルムアルデヒドによるシックハウス症候群を規制する目的の法律です。住宅の欠陥(瑕疵)の責任をはっきりさせるのと、住宅の性能を消費者にも分かりやすいように等級付けをしたり、ハウスメーカーの住宅がどんどん増えるような住宅形式認定制度などが決められました。

 

またここから派生して24時間換気システムの義務化などによるホルムアルデヒド対策が強化されました。

 

例えばホルムアルデヒドを含む材料は厳しくランクをつけられF☆~F☆☆☆☆までのランクがあります。

 

無垢材のフローリングはもちろん規制対象外となりますが本当に安全かどうか疑問点もあります。それは無垢材で工場で塗装した商品は規制対象外となるからです。無垢自体は安全だと思いますが、工場で塗装したら、例え含まれていても現場に着くまでにホルムアルデヒドはなくなっているだろうとの考え方からか、規制から外れてしまいます。

 

確かに善良な国内メーカーであれば有害な物質は使用していないと思いますが、現在無垢のフローリングの安いものは中国からの輸入が多いです。改善されてはきましたが、中国からの輸入品の安全性については残念ながら皆様もご存知のとおりです。

 

私は目の届かない所は信用せず、自分の目の届く範囲で仕事をすることも手づくりの仕事だと解釈しています。

 

私の家創りで仕様する部材には輸入品があります。輸入資材は内部の建具、巾木などはカナダから、全て無塗装の資材を入れて現場でドイツのリボス社の塗料を使って仕上げています。もちろんカナダの輸入元のメーカーにも実際に行って安全性を確かめています。

 

 

いままで設計させて頂いた施工事例です

家づくりへの考え方や、古材、煉瓦などの資材などについて書かせて頂いています

AmazonのKindle版電子書籍を発売しました。古民家の雑学53 250円で販売しています。古民家の事が好きなる入門書です。

LINK

川上幸生's BLOG

インテリアフェアーin内子 (木, 13 7月 2017)

>> 続きを読む

合格発表 (月, 10 7月 2017)

>> 続きを読む

シルバー実技講習会 (土, 08 7月 2017)

>> 続きを読む

125回松山講習 (木, 06 7月 2017)

>> 続きを読む

インテリアフェアー2017inえひめ内子 (水, 28 6月 2017)

>> 続きを読む